ED改善で生活習慣病を防ぐ

EDになる原因は年齢以外にもいろいろとあります。原因のひとつとして生活態度や喫煙などあります。EDになるのは血管に問題があることがありますので同じ血管に関する生活習慣病を発症するおそれがあります。

血管年齢を若くしてED改善

勃起不全症(ED)は多くの男性が悩まされる症状です。特に30代を過ぎてから症状を感じ始める方が多いです。ED改善薬として、バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)がありますが、これらは陰茎部の血管を一時的に拡張させる薬であってEDの原因を改善しているわけではありません。EDの原因には様々なものがありますが、血管年齢が関係している場合があります。血管年齢は動脈硬化が進むことで増加していきます。動脈硬化を引き起こす要因としては、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が挙げられます。血圧が高ければその圧力で動脈壁が傷つき、徐々に柔軟性を無くしてしまいます。血糖値が高いと、血液中の糖が血管壁に結合し構造変化を起こし、動脈硬化を進展させます。さらに脂質異常症では脂質が血管壁に吸着してしまい、血管壁の酸化が進み、動脈硬化を引き起こします。ED改善のためにはこれらを改善する必要があります。もちろん血圧、血糖値、コレステロールが基準値を上回る異常値の場合には病院での治療が必要です。しかし検査値が正常であっても、血圧は外部環境によって上がったり下がったりしますし、血糖値は食後には上がってしまいます。よって検査値が正常値でも注意が必要なのです。
動脈硬化の予防によるED改善にはビタミンCとビタミンEが有効です。ビタミンCは抗酸化作用といって血管が酸化を受けて動脈硬化が進行するのを防ぐ働きがあります。またコラーゲンの合成にも関与しているため、コラーゲン合成を促し、血管に弾性を与えることができます。またビタミンEに関しても抗酸化作用があり、血管年齢を若くする効果があります。

EDは生活習慣病になる前兆の時も

近年では、食生活の変化やストレスの増加などの影響により、かつてよりもEDに悩む男性が増えてきています。
EDをそのままにしていると、恋人や夫婦関係に良くない影響が及んでしまう可能性もあるので、早めにED改善に取り組むことが大切ですが、EDは単に男性機能の問題だけでなく、生活習慣病になる前兆となっているケースもあるので注意が必要です。
生活習慣病とは、その名の通り長年の生活習慣が深く原因に関与している疾病のことですが、その大きなポイントとなっているのが血管のダメージです。
飲酒や喫煙、乱れた食習慣や運動不足などを原因に血液が汚れると、血管が傷ついて血流が滞り、身体に様々な悪影響が及んでしまいますが、EDも血流の悪さが大きな原因のひとつとなっています。
よって、EDの症状があらわれた場合、体内で血流の悪化が起こっている可能性があり、生活習慣病の前兆となっている場合があるのです。
EDというと、病院で相談するのが恥ずかしいという感情から、医師の診断を受けずに市販の精力剤でED改善を目指したり、近年では個人輸入で海外のED治療薬を購入する人も少なくありません。
しかし、効能が曖昧な精力剤ではED改善が見られないケースが多いですし、個人輸入での海外製治療薬の使用は、偽者や粗悪品によるリスクが少なからず存在します。
気軽という理由だけで安易な治療法を選択しても、効果が得られなければ意味がありませんし、副作用などが起こってしまえば、更に状況が悪化してしまう恐れもあります。
EDは生活習慣病の前兆の可能性もあるという事情から、決して軽視することなく、専門医に相談することが大切です。
病院で正しく治療に取り組み、ED改善と共に生活習慣病を予防しましょう。

EDは男性なら誰しもなり得る恐れがある

ED(勃起障害)は、男性ならば誰がなってもおかしくない症状です。
十分な勃起ができなくなったり、維持出来ないので満足に性行為を行うことが出来なくなります。この状態が少なくても3ヶ月以上続いていると、EDが疑われます。
通常ならば性的な興奮を受ければ勃起しますが、EDではそれが出来なくなります。すると性行為への気持ちが萎えてしまい、自分に自信を失ってしまう原因になります。
原因として多いのは、神経や血管になんらかの障害があり、ペニスの海綿体に十分な血液が流れなくなることで起こるケースです。
このED改善のために役立つのが、ED治療薬です。一番有名なのはバイアグラですが、今では第三、第四の治療薬も登場しています。また、ネットではジェネリック医薬品の形でも販売されているので、安く入手できることもあります。
ED改善のために薬を使ってしまうと癖になってしまうのでは、という心配の声は多いですが、依存する危険性はほとんどありません。
ED治療薬の仕組みは、体内の血流を良くして血行障害を改善して、ED改善をはかるというものです。依存性がある薬は脳神経に作用することが多いですが、ED治療薬はあくまでも血流改善薬なので、心配ありません。
精神的なストレスで起こるEDに対しても、薬を飲んだことの安心感から改善させる効果が現れることもあります。また、ストレスによって血流が悪くなることもあるので、それを改善する意味でも、心因性のEDにも効果があると考えられています。
EDは男性ならば誰もがなりうる症状です。若いうちは比較的なりにくいですが、糖尿病や高血圧などの持病があると、EDが起こりやすくなります。他人事だと思わずに注意しておきましょう。

■長時間効果があるからオススメ
シアリス 通販
■ED治療病院ナビ
全国のED治療病院検索ならこちら
■EDにも早漏にも両方効く最高の薬です
サイズプロウルトラで男の自信を育てる