ED改善で生活習慣病を防ぐ

EDになる原因は年齢以外にもいろいろとあります。原因のひとつとして生活態度や喫煙などあります。EDになるのは血管に問題があることがありますので同じ血管に関する生活習慣病を発症するおそれがあります。

不整脈によるED改善のために必要なこと

不整脈でED(勃起障害)が起こった場合、運動制限がないのであればバイアグラなどのED改善治療薬を使うのが効果的です。性行為の運動量は、建物の1階から3階に上がる程度に相当します。
健康な心臓の状態であれば問題ありませんが、不整脈で心室細動が出ている人は命の危険性もあるので必ず医師に持病があることを伝えておきましょう。
不整脈でも、発熱時や飲酒時などに頻脈になるくらいならば、ほとんど心配ありません。怖いのは心室細動が起きている人で、心室細動が起こると、心臓本体が痙攣して、血液を送り出せなくなり、2~3分で死に至る恐れもあります。
たまに脈が速くなったり、遅くなったりといった人であれば、バイアグラなどの治療薬でED改善が可能です。
不整脈は心臓病の一種ですが、不整脈よりもEDのリスクが高いのは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患です。動脈硬化が起こり、血流が悪くなることで冠状動脈(心臓を取り囲んでいる血管)が狭くなったり詰まってしまうことが、狭心症と心筋梗塞の原因です。
動脈硬化が起こると、EDになる確率が高くなります。EDは局部の血行不良が原因で起こる症状だからです。ED改善のための薬は、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害する作用があります。PDE5は勃起を持続させるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を壊してしまいます。すると勃起がおさまってしまいます。勃起を持続させるためにはPDE5が働かないようにすれば良いという考えから作られたのがED治療薬で、それにより効果的に勃起を持続させることが出来ます。
性的興奮を受けている時以外は勃起は起こらないので、安心して使えます。